2012年10月14日

ワールドカップ終了しました!



日本勢対イランナショナルチームの様相を呈した今大会は波乱続きでした。

恐るべきイラン勢、日本の有力選手を次々と破り上位へ食い込みました。

重量級の優勝候補筆頭の北島選手までが破れ…。

しかし準決勝戦で本部の内藤選手がその勢いをストップし、決勝戦に駒を進めました。

平野支部の拳士も普段の稽古で内藤選手にはお世話になっており、なんとしても優勝して欲しいところ。

決勝戦の相手は昨年の全日本以来、またもや同じ顔合わせの堺市部の山口選手です。

本戦、延長戦と危うい展開でしたが、再延長戦、みんなが感動するほどのいい試合を見せてくれました。

その結果、内藤選手は見事世界チャンピオンの座を手にされました!本当におめでとう!!

また軽量級においても本部の福地選手が優勝しました。

いつも本部で出稽古させていただいてる身としては本当に嬉しい結果となりました。

スタッフの皆さん、1日本当にお疲れ様でした!

  


Posted by 平野支部・支部長 at 22:47