2012年07月29日

全日本ジュニア終了!

大会の運営についてですが、年々回を追う毎に進行もスムーズになりました。

応援マナーも非常に良く、トラブルも全く無いようでした。



試合内容はこちらもレベルが上がり、選手同士の実力が拮抗し、勝敗が着きにくい試合が多かったです。

特にディフェンス面がしっかりしていて、ハイキックが決まる(技あり)ことがほとんどありませんでした。



予選までは延長戦、決勝では再延長戦のマストシステム(引き分け無し)の判定が非常に困難で、今回も副審をしていた私はどの部分を判定材料にすれば良いか迷いました。

本当にフルコンタクト空手、年少部の選手達のレベルアップは目を見張るものがあります。



全日本ジュニア大会も成熟してきたのではないでしょうか。

  


Posted by 平野支部・支部長 at 22:41